タブレットレジの賢い探し方と便利な機能

安易に決めると思わぬ失敗に繋がる

タブレットレジには大きく分けて、小売店用と飲食店用と二つのタイプに分かれます。機能にそこまでの違いはないですが、サブでついている機能はそれぞれ異なります。そのため、タブレットレジを選ぶ時は入念な比較と検討が必要なのです。

選ぶ時に押さえておきたいポイント

飲食店用は予約機能がついている

一般的な機能のお会計に加え、飲食店用のタブレットレジは予約機能や座席管理、お客さんの情報を確認する項目があります。業務に必要な機能がすでに備わっているので、導入後すぐに使うことができます。

在庫管理機能がついた小売店用

お会計やレシート発行などの基本機能や、在庫管理と仕入れ状況の確認、顧客管理ができる機能が付いているのが小売店用のタブレットレジです。一つの端末で簡単に仕入れや在庫管理ができるのでバイトが多いコンビニでも有効活用されています。

必要な機能をチェックする

業務に差し支えない程度であれば、機能が絞られているタブレットレジを選ぶと良いです。機能が多い分、操作が複雑になりがちなので、使いこなすのにやっとでしょう。最初の導入は、シンプルな作りになったタブレットレジで慣れることが大切です。

カスタマイズができるかも大切

タブレットレジの導入で気を付けたいのがOSがどれに対応しているかです。すでに導入済みであれば、使っているタブレットレジのOSを元に商品を選ばないといけません。多くは大手スマホ会社向けなので、それ以外のものを使用しているならどの携帯会社にも対応しているタブレットを選定しましょう。

機能別の比較も忘れずに行う

予約管理や注文管理、テーブル管理、売り上げ分析の機能は商品によって備え付けられていない場合があります。注文管理においては、外部との連携が必要だと別途で料金がかかりますし、支払い方法は現金の他にクレジットカードや商品券、電子マネーなど様々な支払方法ができる商品もあります。

便利な機能が盛りだくさん

レジ

急な変更にも対応できる

飲食店でありがちな急なメニュー変更や、追加は管理画面へ飛び、すぐに変更することができます。指でタッチするだけの簡単な操作なので、こうした変化にも臨機応変に対応します。

売り上げの管理はリアルタイムで行う

今日一日の売り上げを管理するのも小売店や飲食店の大事な業務ですが、計算機を使うと時間が余計にかかってしまいます。タブレットレジだとリアルタイムで売り上げ状況を集計するので、作業効率が良くなります。

実績も簡単に集計する

月の売り上げだけではなく、過去の数字も自動集計することができます。また、月間売り上げの集計及び、客数や客単位を前年対比で閲覧ができます。赤字なのか黒字なのか、タブレットレジ一つで確認できるのは課題をクリアするために必要だといえます。

足りないものは付け足す

タブレットレジを使い続けると、他の機能を付けたい願望が出てきます。もちろん、今の状況に合わせてカスタマイズできるので、基本機能以外に予算実績表比較機能や、勤怠管理、昨年対比の機能を後で付け加えることも可能です。業務終了後に書く日報も、資源削減のためにタブレットレジで済ませるお店も多いですから、必要な機能は徐々にカスタマイズしていきましょう。